ブログ

見た人を引き付けるwebデザインは集客力アップに繋がる

Webデザインに求められるものとは?

インターネットの普及により、自社のホームページを持つことはもはや当たり前の時代となりました。ホームページがあることにより、不特定多数の人に自社ことを知ってもらうことが出来ますし、それによりさらに深く自社の仕事内容などもアピールすることが出来ます。ショッピングサイトを作ればインターネット上で商売をすることも容易になりますし、なにより実店舗を持たなくても販売を行えると言う点においては、ホームページの存在は非常に大きなものとなるでしょう。

すでにホームページを作成している会社であれば、その利便性と効果に関して分かっていると思いますし、どういったホームページが人を惹きつけるのかもある程度理解できているのではないでしょうか。しかしこれからホームページを作成する場合には、ノウハウは全くありませんし、ホームページに求められているものも分らないというケースがほとんどです。このような状態で保ホームページを作成すると、思わぬ失敗を招くことになりますし、費用をかけてもそれに見合うだけの効果を得られないことも少なくありません。

基本的に会社のホームページに求められるものは、見た目の派手さでも豪華さでもありません。確かに派手なホームページは目を引きますし、見た目にもお金をかけて豪華なデザインにすることで同業他社との差別化を図ることも出来るでしょう。しかし派手さや豪華さは初めて見た人にはインパクトを与えますが、継続的に利用している人に関しては邪魔なものでしかありませんし、派手で豪華にすればするほどデータ量も重くなります。

このデータ量の重さはすなわち、ホームページが開きにくいということにも繋がりますし、見ている人のインターネット環境が全て快適に使用できるとは限りません。もしインターネット回線がそれほど高速ではない場合、豪華にしたデザインが災いしてトップページが開けないということも考えられますし、もしそのような状況になれば利用者のストレスも溜まり、次からはそのホームページを見てもらう事は出来なくなります。特に派手な演出やBGM、動画などをサイトに入れ込んでしまうと、それだけでトップページのデータは爆発的に多くなりますので、webデザインを考える上においては避けるべきだと言えるでしょう。

利用者が求めているのは、如何に素早く欲しい情報にたどり着けるか、欲しい情報にアクセス出来た場合それをすぐに理解することが出来るかどうかが重要ですので、デザインを考えるのであればシンプルでありながら分かりやすいデザインを取り入れることがポイントとなります。直感的に利用しやすいWebデザインは長期間にわたり利用者を増やし続けますし、リピート率も高くなりホームページが与えてくれる恩恵もアップするでしょう。

Webデザインは他社の真似では意味がない

Webデザインを考える場合、流行っているホームページを参考にしてデザインを構築することが多いのはよく知られた事実です。Webデザインにも流行と言うものがあり、インターネットがまだそれほど普及していない時期には文字を大きくしたり派手な効果を入れると言った手法が多く用いられていました。それが徐々にフラッシュを多用したり画像を多く使用すると言った方法に変化し、現在ではHTML5の登場によりさらにそれを進化させてwebデザインを作成することが可能になりました。

そのため現在ホームページを閲覧すると似たようなデザインのページが非常に多くなってきており、流行っているホームページを模倣して自社のページを作成する会社がとても多くなっています。これはwebデザインをお願いする際の製作会社にも問題があり、どうしても基本となるテンプレートに対し情報やデザインを入れ込む形を基本としているため、似たようなホームページになりやすいと言えます。

これは自社のホームページを自分で作れない場合にはすぐにホームページを作成してもらえ、しかもプロの手でデザインする為素人が作成するよりも見た目にも綺麗なホームページが出来上がります。しかしそれは同じようなホームページが乱立することにも繋がりますので、もしweb制作会社にお願いするのであれば自社のイメージが一目で分かるようなデザインを取りれることも必要となります。もちろん費用面を考えればテンプレートを使用する方が安価になりますが、安価に作成することで個性を無くすのであれば意味がありません。そのため似たようなデザインになってもどこかしらにオリジナリティを入れ込むことがとても重要になります。

Webデザインで重要なのは階層を深くしないこと

基本的にホームページの構成は玄関となるトップページがあり、そこから各情報へと繋がるリンクでページが枝分かれしていくことになります。そうしないとトップページに全ての情報を記載することになり、とても見づらく使い勝手の悪いサイトになってしまうためです。トップページは情報へと導くためのページであり、記載すべき情報は最小限とし詳しい情報へとスムーズに進めるような目次の役割を担うものとなります。

ショッピングサイトの場合カテゴリごとのリンクを作成し、そこから欲しい商品へと行くことが出来る形が最良の方法ですので、如何にカテゴリ分けを上手く行うかがポイントとなります。会社のホームページの場合は会社概要や業務の内容といったページを別途作成し、そこへ向けて素早く行くことが出来るデザインがオススメとなります。その場合、出来るだけホームページの階層を深くしないことも重要です。

ホームページにおける階層と言うものは、ショッピングサイトにおいてはより細かい商品の細分化をする上で重要となりますし、会社の業務などを詳しく説明したい場合、階層を深くすることでより詳しい情報を記載することが出来ます。しかし階層が深くなればなるほど利用者の手間も大きくなりますし、利用者が欲しい情報や商品にたどり着くまでに何度もリンクを経由しなければいけなくなるため、場合によってはそれだけで辟易してしまいストレスが溜まることにもなります。

これはwebデザインを考える上ではマイナス要素となるものですし、会社側が伝えたい情報と利用者が欲している情報は差があるということを理解しておかなければいけません。出来るだけ簡潔に分かりやすく情報を記載することで利便性をアップできますし、利用者のストレスを軽減するwebデザインになります。

それと専門用語だらけのサイトは分かり辛く、伝えたいことの半分も伝わらない場合も有るため、専門用語を記載する場合にはそれを分かりやすく説明できるように注釈を入れるなどの工夫をすることも重要なポイントとなります。近年ではSEO対策もホームページを作成し来訪してもらうためには欠かせなませんので、それも必ず対策しデザインを考えることも利用者を増加させるには必要不可欠と言えるでしょう。

このようにwebデザインは刻々と変化をしていますし、一度ホームページを作成すればそれで終わりではありません。その時の流行等に応じてwebデザインを変化させることと、常に使いやすいデザインを模索することもホームページを運営する上では重要なポイントとなりますので、これからホームページを作成する場合にはしっかりと基本を押さえたうえで使いやすいデザインを構築するようにすると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. ホームページ制作
  2. 初期費用ゼロホームページ制作
  3. 動画制作
  4. 知多半島飲食店ポータルサイト
ページ上部へ戻る