ブログ

ネットショップで売れる文章の作成術、書き方を大公開!

ネットショップ運営者の中には、商品ページに何を書いたらいいのか分からないという人もいるでしょう。しかし、売れる文章を書くためのコツ・方法はあります。

最初にするべきは、商品の特徴を書き出すことです。例えば、布団であれば、重量が軽い、生地の質がよくなめらか、価格が相場と比較して安い、中に使用されている羽毛が特別で暖かいなどです。扱う商品の強みを正しく把握することが大切です。営業経験があれば、分かりやすいでしょう。お客様に特に響きやすい特徴というものがあります。だからといって、一番の強みだけを執拗に言い続けても契約は取れないものです。一番の強みだけでは納得しないお客様に対しては、そのほかの強みを用いて、再度売り込んでいきます。売り込むのに効果的な順番や、何を言うべきかを押さえるのに商品の特徴を書き出すことは重要なことです。

しかし、通常の営業とは違う点もあります。それは競合サイトが存在するということです。インターネット上では容易に比較検討されてしまいます。自分では強みだと思っていることでも、競合サイトでよりよいものを売っていれば、強みにはなりにくいです。競合サイトと比較した上で、その商品のどこが他の商品と比べて勝っているのかを判断することが重要です。つまり、自社商品と競合の扱う商品とを見比べることで、商品価値や優位性を正確に捉えることができます。

ここまでの準備が整ったら、商品を売るための文章を書き始めます。実際のライティングでは、お客様と会話をしているつもりで書くのがおすすめです。お客様が目の前にいるつもりで、どう説得したら興味を持っていただけるか、買っていただけるかを念頭に置きながら文章を作成します。ポイントは、お客様の心理の推移を思い描きながら文章を作成することです。こういう発言をしたら、こうした反論が出るだろう。こうした点に疑問を抱くだろうということを想定しながら執筆します。

とはいっても、慣れないうちは難しいものです。そこで購入の決め手になるであろう比較優位にある特徴を、出だしに持ってくるのがおすすめです。ここまで来れば商品の一番の強みは把握しているので、それを最初に持ってくればいいだけです。あるいはページの先頭にキャッチコピーとして使用するのもよいです。ページを閲覧していただくためのきっかけをまずは設けることで、直帰率が下がり、成約率は伸びます。

商品の特徴と、競合サイトの取り扱い商品との比較からどこを売り込むべきか明確にする。そして、お客様に語りかけるように文章を作成すると、自然と売れる文章になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 初期費用ゼロホームページ制作
  2. 動画制作
  3. ホームページ制作
  4. 知多半島飲食店ポータルサイト
ページ上部へ戻る