ブログ

優れたSEOとユーザビリティが得られるパッケージ商品のメリット

・パッケージ化されている商品に注目するメリットについて

SEOの目的は最終的なコンバージョン数を上昇させることで、サイトを通して直接的、間接的に収益性を高めることにあるといえます。SEO対策に力を入れていても、サイトのユーザビリティが十分でなければ投資対効果の向上は期待できないといえます。もし、SEO対策が十分で、ユーザビリティも高ければ、訪問者数も確保でき、高い収益性もあります。

検索結果のクリックという点でSEOとユーザビリティを見ると、SEOはクリック前のこと、そして、ユーザビリティはクリック後のことということになり、SEOは検索結果のクリックにおいてその役割が完了し、それ以降はサイトのユーザビリティへバトンタッチされるといえます。

そのような好循環をもたらすための方法としてベストなのが、始めからユーザビリティを考えてSEOを開始することだといえます。したがって、新たにウェブサイト構築を行う場合、始めからパッケージ化されている商品に注目することはとても効率的な方法であるといえます。

・PV数やコンバージョンが高いサイトの特徴

PV数やコンバージョンが高いサイトにはいくつか特徴があるといわれています。一言でいうと、コンテンツが面白く、ユーザーとして役に立つということになります。そして、正当なSEO対策も施され、適切なプロモーションが行われており、内部リンクの構造とそのデザイン性に優れたサイト構造をしているという点が挙げられます。

優れた構造を持つウェブサイトは、ユーザビリティが高くなっており、1ユーザー辺りのPV数が高い傾向があるといわれています。サイト構造はサイト構築者の経験値とも関連性があって、サイトのジャンルによっても色々な形態があるともいわれていますが、重要なポイントが押さえられていて、ユーザビリティが高いという特徴があるのです。

・サイト構造から見る優れたサイトのポイント

優れたサイトといわれていますが、優れたサイトとはどのようなサイトのことを示しているのでしょうか?サイトの見方には様々な見方がありますが、サイト構造に注目すると、優れたサイトはウェブサイトを構成するのに必要と考えられる4つのパーツを備えているという特徴があります。そこで、その特徴についてご説明していきたいと思います。これからウェブサイトを新しく作るという場合や、既に構築されているサイトの改善を考えているという場合にも役立つといえます。

優れたサイト構造をもつサイトには、メインコンテンツの他、ヘッダーとフッター、サイドバーが備わっていて、閲覧者にとって分かりやすくなっているという特徴があります。必要な情報にアクセスできるように整理されて表示されているので、閲覧する人にとって親切で分かりやすいという特徴があります。

・メインコンテンツについて

メインコンテンツはサイトを訪れた多くのユーザーが目的としている閲覧スペースです。メインコンテンツにはページタイトルや記事、関連記事、広告バナーや商品ページへのリンクなどが配置されます。

メインコンテンツの記事のサイト構造上のポイントは、サイト内移動や関連ページへの移動性を高めて読みやすいように工夫するということや、ユーザビリティの点から、ユーザーが特定の話題に興味がある場合などに、記事の冒頭部に目次を設け、そこから各見出しへのリンクが張られていると、すぐに閲覧したい場所に移動できてとても便利です。

専門用語などが使われている場合には、その解説へリンクを確保したり、関連記事へリンクを配置するといった利便性に努めることで、用語の意味を知りたい、すぐに読みたい、もう少し詳しく知りたいといったユーザーのニーズに応えられるよう配慮をするということがポイントといえます。閲覧しているユーザーが何を知りたいかということについて、その目線に立ったリンクの配置などを行いましょう。

・ヘッダーやフッター、サイドバーの役割について

ヘッダーはウェブサイト最上部に配置されているパーツで、ウェブサイトの全ページ共通のパーツです。ウェブページにアクセスしてすぐに閲覧でき、全てのユーザーが閲覧する部分になります。したがって、重要なリンクなどにアクセスできるように作成されている傾向がある部分です。

フッターはサイト最下部に配置されていて、ヘッダーと同じようにサイト内にある全てのページに共通しているパーツですが、一般的にはあまりユーザーの視界には入らないパーツといわれます。多くのユーザーはメインコンテンツは閲覧するけれども、フッター部まで目を通さないという場合が多く、逆に、フッター部まで目を通すユーザーは、このサイトが重要であることを示してくれるとともに、内部リンクが集中して、検索エンジンにページの重要性を示してくれる効果があるといわれているのです。

サイドバーは通常、メインコンテンツの横に設置されています。右に縦の列で配置され、メニューとして機能する場合が多いのです。メインコンテンツの閲覧を行っている時に視界に入るので、他のコンテンツへ誘導する役割に適しています。

ただ、スマホのサイトでは、サイドバー設置はほとんど行われていません。その理由は、画面の大きさとバランスなどから、サイドバーを配置すると閲覧性が低下してしまうとされているからなのです。スマホなら、サイドバーとしてではなく、コンテンツ下部やフッターとしてメニューを配置しておくといいといわれます。

・ユーザビリティはユーザーが何を知りたいかを基に構造配置を

サイトの構造の視点に立つと、ユーザビリティはユーザーが何を知りたいかを基に構造配置を行うということがポイントといえます。ユーザー目線に立ったリンクの配置などによって、サイトに滞在しているユーザーをサイトにより長く滞在させて、訪問をコンバージョンにつながるように考えていきます。そして、コンテンツや色など、多くのことを考えていくことになります。

しかし、これらのことを考えるよりも先に把握する必要があるのは、ユーザーたちが何を求めてそのサイトを訪問するのかという点です。つまり、どうすればSEOと優れたユーザビリティを結びつけることができるかという視点も、サイトを新たに構築したり、現存する際との改善を考える上でとても大切な視点になります。

・SEOと優れたユーザビリティを結びつけるために

SEOと優れたユーザビリティを結びつけるためには、ホームページの作成をプロへ依頼することがおすすめです。プロに依頼することで、SEOと優れたユーザビリティを結びつけるという点で得られるメリットはたくさんあるのです。

ホームページはただあればいいというものではなく、人々に見てもらえる魅力的なホームページにするために、効果的なデザインやコンテンツが必要になります。プロに依頼することでこれらを備え、さらに見やすさも備えた質の高いホームページを最初から作成してもらえます。

また、業務に専念できるという大きなメリットがあります。自社でホームページを作成するとなると、多くの時間や手間が必要になります。日常業務を行う中でホームページを作成していくのはたいへんです。大切な業務自体に支障が出てしまうことがあるかもしれません。それよりもより効率的にニーズに沿ったホームページを作成してもらえるという点で、プロに任せることはより高い長期的なメリットにもつながっていくといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. ホームページ制作
  2. 初期費用ゼロホームページ制作
  3. 動画制作
  4. 知多半島飲食店ポータルサイト
ページ上部へ戻る