ブログ

いつでも誰でも出来る!WordPressのメリットやデメリット

・WordPressとは何なの?

[tabs tabs=”‹º›{‹²›tab_title‹²›:‹²›wordpress‹²›,‹²›tab_content‹²›:‹²›おすすめ記事‹²›}‹¹›” __fw_editor_shortcodes_id=”be6140ca9949222bf78e7cdcafa04b5a” _array_keys=”{‹²›tabs‹²›:‹²›tabs‹²›}” _fw_coder=”aggressive”][/tabs]

WordPressは個人ブログを始め、企業や公共機関のサイトなど、様々な場面で利用されています。WordPressはソフトウェアの設計図ともいえるプログラムが2003年にオープンソースとして無料で公開されたブログ作成システムです。

いつ誰でも自由に使えて、改良もできるソフトウェアがWordPressです。そのため、利用者のニーズに合わせてバージョンアップなども行われていて、現在、WordPressはブログソフトウェアだけでなく、コンテンツ管理システムとしても利用されるようになっているのです。

・WordPressのメリット

1. 圧倒的なシェアをもっている

WordPressは圧倒的なシェアをもっています。コンテンツ管理システムを用いて作製された世界中で作られているウェブサイトの6割くらいはWordPressで作成されているといわれていて、WordPress は圧倒的なシェアをもっているのです。

日本の大手企業のホームページでもWordPressが利用されています。料理レシピなどでおなじみのクックパッドの企業サイトはWordPressで制作されているといわれているのです。

2. 無料で使える

WordPressは無償で使用でき、個人の利用や商用での利用に関わらず、費用は発生しないのです。ただ、WordPressを使ってウェブサイトを公開するためには、ウェブサーバーが必要になりますので、利用するには費用がかかるという点が挙げられます。ウェブサーバーはレンタルするのが一般的で、一月当たりのレンタル使用料は、数百円~数千円と申し込んだ内容によって異なってきますが、中には無料で使用できるレンタルサーバーもあって、コストを抑えながらホームページを作成することができるようになっています。

3. 不明な点やトラブルを解決しやすい

WordPressはメリットがたくさんあるソフトウェアで人気も高く、これからウェブサイトの制作を始める人にとてもおすすめです。人気が高いため、様々なソリューションなども充実していて、トラブルシュ―ティングもしっかりと充実しています。インターネットなどで解決方法を探したり、書店などでWordPress関連の本をたくさん見つけることもでき、ソリューションや使い方なども丁寧に解説されています。

4. 専門知識や技術がなくてもサイトが作れる

WordPressはコンテンツの編集や削除などの作業が簡単にできます。専用の管理画面で行うことでHTML、PHPといった専門知識なしで、WordPress操作することができ、その基本的な捜査には専門知識やスキルが必要ありません。そのため、だれもが簡単にサイトを作成することができるのです。

5. 必要な機能を追加できるプラグインがある

WordPressの機能拡張のプログラムでは必要に応じてサイトにいろんな機能が追加できます。簡単にお問い合わせフォームを作成できるプラグインなどはとても便利な機能です。いろんなプラグイン機能を無料で利用することができるというメリットもあるのがうれしい点です。

6. コンテンツをそのままにして、デザインを自由に切り替えができる

WordPressでは、コンテンツの内容をそのままにしたまま、サイトデザインだけが簡単に切り替えれます。そのようなシステムをもっているので、無料公開のシステムを利用したり、有料販売されているシステムを利用したり、自分だけのオリジナルのシステムを作るということができます。

自社のサイトや店舗サイトなどでWordPressを商用目的で利用する人が増えています。おすすめのWordPressのテンプレートとして、ハイグレードなデザインの美容やエステ、レストランやホテルなど、さまざまな業種で利用できるテンプレートがあります。

また、目を引くような画像表示効果やデザインが秀逸なテンプレートや、バランスの良いレイアウトがうれしいテンプレートなど数多くのジャンルのポータルサイトに使用できるテンプレートがあります。

そのようなテンプレートはマウスをドラッグしてカラーを選ぶだけという簡単な操作で、イメージに合うテンプレートが選べるのです。

・WordPressのデメリット

1. 運営の面ではコストがかかる

WordPress自体は無料で使えますが、WordPressを使ってウェブサイトを公開するためにはウェブサーバーが必要です。そのため、ウェブサーバーを用意したり、レンタルしたりするための費用が掛かります。

また、ウェブサーバーの中には無料で利用できるものもありますが、無料のウェブサーバーのデメリットとして、突然のサービス提供の終了リスクが常に伴っているという点や、広告が表示されるといった不便ともいえる点がデメリットとして挙げられます。

そのため、ウェブサイトをビジネス利用する場合には有料サービスを使うことが推奨されます。

さらに、ウェブサイトを専用アドレスで運用する場合、ドメイン取得が必要になります。ドメインは、インターネットで文字列によってウェブサイトアドレスとして利用できます。

.comというドメインを使用する場合、ウェブサーバーとドメインをセットで提供している事業者もたくさんあって、ニーズに応じて選ぶことがおすすめです。

2. インストールする必要がある

WordPressを使う場合、WordPressをウェブサーバーにインストールして使う必要があります。面倒だと思う人もいるかもしれませんが、自動でインストールして使えるようになっているウェブサーバーも増加していますので、便利です。

簡単な入力や操作でWordPressが使えるようになりますので、いろいろと調べてみましょう。

エックスサーバーのWordPress自動インストールの例を基に説明したいと思います。まず、「サーバーパネルにログインをし、サーバーパネルを開いて自動インストールを選択します。

自動インストールを設定するドメイン名の隣にあるリンク選択をクリックし、プログラムのインストールを選びます。その時、WordPress 日本語版のインストール設定にしましょう。インストールに必要事項を入力したら、確認してインストールします。

完了した時に表示されるログイン情報は必ず印刷化メモしておくようにします。

・WordPressとSEOについて

WordPressは導入が手軽で簡単にでき、ユーザーもだんだんと増えている便利なウェブサイト構築ツールです。現在では、世界中で25%のサイトがWordPressで作られているといわれていて、プラグインなどの拡張機能も充実しています。

便利なWordPressですが、上位検索順位になるためにはSEO対策が必要になります。WordPressはそのままの状態ではSEOに強いとはいえないため、別にSEOを目的とする設定は必要になってきます。

設定をしない場合には、コンテンツは検索エンジンの上位にランクインするということはなかなかできにくい状態になるといわれているのです。そのため、WordPressを用いたホームページを有効活用するという意味でもSEO効果を高めるための対策について講じておくことが必要といえます。

・まとめ

WordPressは若干の手間とコストは必要になりますがとても便利なツールです。ホームページを作成する場合、とても利用価値が高く、システムのテンプレートなども充実していて、簡単にデザイン変更ができます。そして、必要な機能を簡単に追加できるのです。きます。WordPressの利用は無料なのがとてもありがたいソフトウェアです。

初心者の場合、最少はちょっと難しいと思う場合もあるかもしれませんが使用方法に慣れると、直感的に操作できて、ウェブサイトの構築ができます。

[divider style=”{‹²›ruler_type‹²›:‹²›line‹²›,‹²›space‹²›:{‹²›height‹²›:‹²›50‹²›}}” __fw_editor_shortcodes_id=”62563261ef9b678c757dbfb540faee4b” _array_keys=”{‹²›style‹²›:‹²›style‹²›}” _fw_coder=”aggressive”][/divider][divider style=”{‹²›ruler_type‹²›:‹²›space‹²›,‹²›space‹²›:{‹²›height‹²›:‹²›50‹²›}}” __fw_editor_shortcodes_id=”a0000788b9eebfccdc1b5b4e42c71e96″ _array_keys=”{‹²›style‹²›:‹²›style‹²›}” _fw_coder=”aggressive”][/divider]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 動画制作
  2. ホームページ制作
  3. 知多半島飲食店ポータルサイト
  4. 初期費用ゼロホームページ制作
ページ上部へ戻る