ブログ

SEOと検索意図の理解について

インターネットを利用して何かを調べたりする時には、必ずといえるほど検索エンジンが利用されます。検索エンジンはサイトへのプラットフォーム的な役割を果たしており、サイトへのゲートとして重要な機能を担っています。そのため、検索結果に作成したサイトが表示されることはとても重要なことになります。Googleは、全体のシェアが9割という世界で最も利用されている検索エンジンで、このGoogleの検索結果で上位表示されることが大切だと考えられています。

●良質なサイトとは?

検索順位表示は、Googleの200を超えるアルゴリズム要因によって決定されています。そして、YahooとGoogleは検索順位の決定という点では同じで、どちらもGoogleのアルゴリズム要因によって順位決定されるようになっています。

検索の上位表示がされるためには、200を超えるGoogleアルゴリズムの要因に合わせた対策がなされなければならず、200を超える要因の中でも特に重要な要因があり、その要因を中心とした対策をすることが検索上位を目指すためには必要なことだといわれています。

検索結果の1ページと2ページでは、クリック率はかなり変わってくるといわれており、検索上位になればなるほどクリックをしてもらいやすくなるのです。Googleのアルゴリズム要因には次のようなものがあります。例えば、ドメインレベルでの被リンク要因や、ページレベルでの被リンク要因、ページレベルのキーワードとコンテンツという要因などです。

このような要因は、ページを訪れる人のニーズを反映しており、そのようなニーズに応えられるサイトが良質なサイトだといわれているのです。

●読み手の意図に沿ったコンテンツの提供が大切

現在のSEOではサイトを訪問するユーザーの検索意図はとても重視されており、検索するユーザーの検索意図に合ったコンテンを採用することが、コンテンツとして良質であるとGoogleのアルゴリズムに判断されることにつながるのです。

検索意図とは何かを一言でいうと、検索をしようとするユーザーがその検索をする理由といえます。なぜその検索をしているのか?ということが検索意図といえ、そのようなユーザーの期待にすぐに応えられるサイトの訪問は多くなるのです。

そのようなコンテンツは、本当に役立つコンテンツといわれ、ただ質量ともに充実した記事を提供者が提供すればいいというのではなく、ユーザーにどう判断されるのかという点が重要になります。つまり、書き手の意図ではなく、読み手の意図に沿ったコンテンツを提供しているサイトが本当に役立つということになるのです。

リュームがたくさんあって、親切な丁寧なコンテンツを求めていない場合もあるのです。そうなると。検索意図に応えられていないという可能性があるのです。1万文字を超える記事を書くことはすばらしいことです。しかし、ユーザーが簡潔な2000字くらいのものを求めている場合にはその結果は検索サイトの100位内に表示されないかもしれません。

●検索意図の理解とは

初めてのデジカメをオンラインで購入しようとしているユーザーがいたとします。その人の検索意図は何なのでしょうか?

デカメはCanonがおすすめと聞いて、Canonのデカメの情報を集めているという情報収集をするための検索意図です。

その結果、あるデジカメがよさそうだったので、評価やレビューを調べているという情報収集型の検索意図です。

気に入ったものを買おうと決心して、通販で買おうと思ったという、取引するための検索意図です。

ところがたくさんのネットショップが通販を行っていて、金額を比較するための検索意図です。

価格が最もリーズナブルだったのでこのサイトで購入することにしたという取引のための検索意図です。

よりイメージしやすいような場面になっているので、実際のところはもう少し複合的な意図になるといえますが、どのような意図で検索を行っているのかという点に注目をします。

ユーザーの検索意図は情報を集めたり、目的のサイトにたどり着くためにそのサイトを利用したり、実際に注文をするために検索したり、これらの複合的な目的で行われたりします。

・実際に注文をするための検索

実際に注文をするために検索する場合には、商品を購入したい、会員登録をしたい、動画を観たい、ソフトをダウンロードしたい、資料請求をしたい、といったように、ユーザーが何かをしたい、何かに対して具体的なアクションをしたいといった意図が含まれているのです。

何かをしたいというユーザーの検索意図に適切に答えることがGoogleの上位検索という点で重要なことになります。

・情報を集める場合の検索

情報を集めるための検索を行いたい場合、疑問や悩みを解決するための情報を知りたいという検索意図がユーザーにあります。

例えば、冠婚葬祭のマナーについて知りたい、海外に旅行に行くための予算やスケジュールなどについて知りたい、料理を作るためのレシピについて知りたい、効果的にダイエットをするための方法やおすすめ商品について知りたい、健康的に生活できるポイントなどについて知りたいといったことなどです。

ユーザーの目的は情報を得て、知るということになります。

・目的のサイトにたどり着くための検索

目的のサイトにたどり着くための検索は、特定のサイトやウェブページを見つけるための検索といえます。このサイト上のこのページにアクセスをするというはっきりとした目的が検索意図としてあります。

多くは公式サイトの検索ともいえますが、例えば、ウィキペディアにアクセスしたい、ショッピングをするために楽天市場のページにアクセスしたい、問い合わせをしたいのでソフトバンクの問い合わせページにアクセスしたい、クリスマスのチキンを注文したいのでケンタッキーのメニューのページにアクセスしたい、といった場合などに行われる検索です。

・複合的な検索意図もある

検索ユーザーの意図を3つに分けて紹介しましたがこれらにまたがる複合タイプもあります。例えば、価格比較をしていたところ、公式ページで購入する方がお得だったので公式ページにアクセスするといった場合です。

これらの検索意図は検索しているうちに移り変わっていく性質をもあります。また、同じテーマ検索でも、検索意図がサイクルすることもあり、ユーザーの検索意図を理解するためには、様々な生活環境にある人々への理解、つまり日常生活を通して培われる生活者としての知識理解が豊富にあることが大きなポイントになるといえます。

●大切なポイント

その年代のそのグループに所属する人々にできるだけ近い環境で生活している人の持つセンスや知識というものが不可欠であるといえ、それらを上手に活用することがSEOの対策にもなり、Googleのアルゴリズム対策にもなるといえるのです。

インターネットを利用して何かを調べたりする場合、検索エンジンがとてもよく利用されます。検索エンジンはサイトのプラットフォーム的な役割を果たし、サイトへのゲートとしても重要な機能を担っています。検索結果に作成したサイトが表示されることはとても重要なことになります。

検索結果に反映するサイトを作るためには、ユーザーの検索意図の理解がとても重要になります。検索意図を理解して、よりよいコンテンツをユーザーに提供するためには、ユーザーが求めているものを理解することが大切なポイントです。

そのような理解をどう形成し、サイト作りに役立てるためには人への理解という点がとても重要な視点といえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 動画制作
  2. 初期費用ゼロホームページ制作
  3. 知多半島飲食店ポータルサイト
  4. ホームページ制作
ページ上部へ戻る