ブログ

スクロールを意識したサイト設計とWebデザイン

これまで、Webデザインはホームページにアクセスした時に目に入ってくるファーストビューという画面で、重要なメッセージを全部伝えることが重視されていたという風潮がありました。そのため、Webデザインでは、サイト設計やサイト構築などの際にはファーストビューに全ての情報を集約する必要があったのです。

このように考えられていた理由は、ユーザーにとって興味のあるものがなければ、ユーザは続きを見ないという考え方がベースに合ったからといえます。つまり、ユーザーにとってひと手間となるスクロールを行おうとする段階で、ユーザーの興味は消失しているという見方が強かったからといえます。

しかし、近年のデバイス環境の変化で、Webページにアクセスできるデバイスが多様化しました。スマホモバイルやタブレット端末、トラックパッドなどの普及が進み、そのことでユーザーがスクロールしやすい環境が整ってきたのです。つまり、スクロールという動作に対するユーザー側の心理的ハードルも低くなり、人々がエクストラタイムを取って情報にアクセスすることを厭わなくなってきたのです。

そこで、Webサイトのデザインの点から、ファーストビューを巡るパラダイムシフトと着眼点、そしてホームページ制作をプロに依頼するメリットについてご紹介したいと思います。


Webサイトのデザインの選択肢が増加

どうWebサイトのページを構築し、どうユーザーを情報に誘導するのかという点で、選択肢が広がってきています。一目見た瞬間、ユーザーにとって興味深い情報や必要な情報がなければユーザーはサイトから離脱してしまうでしょう。

しかし、ユーザーのスクロールに対する心理的なハードルは下がっており、気軽にスクロールをおこなってもらえるようになっています。

そのため、ユーザーがファーストビューの下側にある情報に気がつけるようなデザインを施すことで、ユーザーにとってより魅力的で、かつサイトを提供している側にとってもより有益なサイト構築の可能性が広がってきたのです。


背景動画への注目

映画館に行くと、巨大なスクリーンに躍動感のある映像がいっぱいに映し出されます。そんな映画の名場面を大画面で見たいという人にとって、映画館で迫力満点の映画を見ることはとても興味深いということなのです。

最近ではそのような映画館で体験できる迫力を自宅でも楽しみたいという人のニーズに応える形で、ホームシアターを自宅に設置して映画館で見る映画の迫力を自宅で楽しむという人も増えています。

また、映画館でも迫力やインパクトをより楽しむということから、水しぶきが上がったり地面が揺れたりするという4D映画などの新しい技術が登場して注目されています。

このような流れの中、映画のような大きな映像を取り入れたWebデザインの手法なども登場しています。特にブランドサイトなどで、画面いっぱいに動画を設置する動画背景という方法が採りいれられているホームページが注目を集めています。


背景動画を使うメリットについて

背景動画を使う最大のメリットは、言うまでもなく画面からのインパクトです。これまでのホームページのファーストビューは、静止画がメインでした。美しい画像や興味深い画像によって、ユーザーの関心をキャッチできるようにデザインされていました。

しかし、近年のデバイスの多様化によって、スクロールに対するユーザーの心理的ハードルも下がってきました。モバイルの機能も日進月歩で向上してきており、ユーザー側の回線環境もよくなってきて、静止画に比べるとファイルサイズが大きい動画もスムーズに閲覧することができるようになっています。また、IT技術の進歩などで、ホームページ上で動画が以前よりも扱いやすくなったことなどの理由から、動画が画面いっぱいに使われているホームページが注目されるようになってきたのです。

ファーストビューの背景動画はそれだけで十分なインパクトがあるのです。ユーザーの目を引く仕掛けをホームページに施すことは集客という点からもとても有効な方法と言えるのです。

また、動画を用いることで、これまでのようなファーストビューで瞬時にすべてを伝えるという価値観からシフトすることになるといえますが、スクロールを行うことで、具体的な点をこれまでと同様にユーザーにわかりやすく伝え、ユーザーのアクションにつながるWebデザインが用意されているのです。

この点については、どうアプローチを行うのかという点については考え方が多様にありますが、どのようにアプローチを行うのがいいのかという点には、客観的な視点が必要といえます。

取扱のある商品やサービスを具体的にどのようにユーザーに伝え、そのためにどのようにデザインするのかという点は、実際にはそれぞれの会社によって大きく異なるところが大きいと考えられるのです。


Webデザインで配慮する点

通常、Webデザインを行う時に配慮する点として挙げられる要素は多岐にわたりますが。一部を上げるだけでも、設定されたターゲットカスタマーや訴求効果を得るためのポイント、視認性やファーストビュー、キーワード、デバイスなど、サイトの目的に応じ、優先性が異なっています。

ネットショップの場合は商品を販売することが目的ですが、同じようにターゲットを明確にする必要があります。それによって写真やキャッチコピーなど見せ方が全く異なってくるためです。

Webデザインは、ウェブページやウェブサイトでの意匠や要素配置などの視覚面において、整理や再構築などを施すといったデザインの一種になります。ウェブサイトの全体的な情報設計に関する視点が必要なデザイン領域です。グラフィック性のあるデザインなどの要素も多い中、対話的な要素を持ちながら、情報デザインや工業デザインに関するスキルや知識なども必要といえ、ウェブデザインを行うためには多岐にわたる視点が必要といえます。

ファーストビューに動画が使用されていると、とても印象的です。また、サイトをデザインするためには、ターゲットによる利用イメージが大きなポイントになります。

Webサイトを作りたいと一言で言っても、様々な段階があります。事業の全体的な作戦のなかのWebサイトのもつ役割の定義、顧客や市場の分析と目的や目標の設定、それを達成するための全体像のプランニング、そしてサイト全体を設計など、Webサイトの完成までのプロセスのどの段階なのかということがまず挙げられます。

そして、どのようにしてユーザーの心をつかむのかという点で、必要なことを調べたり、考えたり、具体的に実行したりなど、様々なことが必要です。デザインを考え、効果を検証して、改善を図るということや魅力的なコンテンツ作りやホームページ上の動線作り、集客やコンバージョン、データを活用した運用など、様々なレスポンスを見ながら様々なテップを経ていくことが必要とされています。

これまでWebデザインでは、ホームページにアクセスした時に目に入ってくるファーストビューという画面で、重要なメッセージを全部伝えることが重視されていました。しかし、デバイステクノロジーの変化を受け、動画を背景としたスクロール機能を活用した方法が注目されています。


まとめ

ホームページ作りではすべきことや考えること、検証することがとても多く、それらのことを全て自社で行うのはそう簡単なことでもないのではないでしょうか。ホームページ制作を外部に依頼するメリットはその点にあるのです。

より魅力的な情報をどのようにターゲットに伝えるのかという点についても、ホームページ制作会社は、検証、再構築を重ね、そのような価値観をどう反映して新たなテクノロジーの変化を取り入れるのかや、より魅力的な情報をどう提供していくことがより価値のあるサイトをデザインすることになるのかという点に具体的な提案を行うことができます。

Webデザインは時代のニーズに沿ったものであることが重要なのです。どのようにWebサイトを作ったらいいかわからないという場合、なおさらプロはとても頼りになる存在です。具体的に相談することで最適なソリューションを提案してもらえるようにしておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 初期費用ゼロホームページ制作
  2. ホームページ制作
  3. 知多半島飲食店ポータルサイト
  4. 動画制作
ページ上部へ戻る