ブログ

SEOとは何か、SEO対策を行う意味と重要性

SEO対策とは?

現在WEBを有効利用して自社のPRや商品の紹介、販売を手がけている企業やお店は非常に増加しており、WEB無しでは商売が成り立たないというほどそのウエイトが大きくなっている場合も少なくありません。一昔前であればWEBの利用は一部の人に限られていたわけなのでそれほど重要視する必要もありませんでしたが、現在では全ての人がWEBにアクセスする術を持っているともいえますし、高齢者からお年寄りまで幅広い年齢層での利用もあります。

そう考えた場合WEBを蔑ろにした商売と言うのはやはり時代に沿っていないと言えますので、自社のHPを作成したり自信のある商品をPRして全国的に販売するといった手段を取る必要が出てきます。その際に重要な意味を持ってくるのがSEOというもので、SEO対策を行うかどうかで自社HPへの誘導率も大きく変わりますし、それが商品の売上に直結することもあります。

SEOというのはSearchEngineOptimizationの略で、いわゆる検索エンジンと呼ばれるものになり、SEO対策と言うのは検索エンジンで検索した際にいかに上位に自社の名前やサービスが表示されるようにするのかの対策と言うことになります。

現在WEBを利用する場合には直接サイトのURLを記入するというケースは非常に少ないですし、URLを知らない企業のHPを探す場合には必ず検索エンジンを利用することになります。そうすることで利用者は似たようなサービスを行っている企業を複数捜すことも出来ますし、欲しい商品を販売しているサイトなども一度に捜し出すことができるわけです。

検索エンジンを利用していない人と言うのはまずい無いと考えたほうが良いですし、検索サイトの上位に表示されればそれだけ自社のHPやサービスを利用する人が増えることになります。

いくら素晴らしい技術やサービス、商品を手がけていたとことでそれが人目に触れなければ宝の持ち腐れであり、必死に宣伝を行ってもそれが狭い範囲であれば売上や知名度が大幅にアップするということは無いわけです。そのためSEOを利用する人をターゲットにした対策が必要不可欠となり、SEO対策を行うかどうかがとても重要な意味を持つことになるわけです。実際にSEO対策を行うかどうかで自社のサイトの知名度は雲泥の差といえるほど違いが現れますし、しっかりとSEO対策を行えば売上や知名度をアップさせ会社の運営を安定させることも可能となります。

SEO対策の方法とは?

SEO対策を行う場合自社のサイトやサービスをどのようにして世間に認知してもらえるかがポイントとなります。ショッピングサイトを運営するのであればそのサイトに誘導しなければ商品の購入をしてもらえないわけなのでこの場合もサイトをSEOで検索した際に上位に表示されるようにする工夫が必要となります。そのためまずはサイトの構成や内容をしっかりと精査して検索された際に引っかかりやすくすることが対策として重要となります。

検索サイトは数あるHPの中から検索されたキーワードに当てはまるHPをピックアップして検索結果として表示しているわけなので、検索されたキーワードに近い内容のHPほど上位に表示されやすくなります。逆にキーワードに全く引っかからないHPの場合、取り扱っている商品や記載されている内容が近いものでも検索結果に反映されないことがあります。

この検索結果の表示に対する違いとなるのは、キーワードに引っかかるような内容になっているかどうかということがポイントであり、検索結果上位に表示されやすいサイトはHP内のコンテンツが検索されやすい内容やキーワードをちりばめたものになっていることが考えられます。

キーワードと言うのは検索サイトを利用する場合に欠かせないものですし、自分が検索したい内容を複数のキーワードを組み合わせて検索することが多いと言えます。そのため自社のサイト内のコンテンツに検索されるであろうキーワードをどれだけちりばめておくかが検索されやすくなるのかそれとも検索に引っかからないのかの差になり、その差がHPへの誘導率にも影響してきます。上位に表示されればされるほど検索した際にすぐに目に付くわけですし、下位に表示されるとそれだけ見られる確率が低くなると言えます。そのためコンテンツの内容の中にさりげなく検索されるであろうキーワードを埋め込んだり、記載している記事の題名にキーワードを盛り込むという工夫が必要となります。

キーワードの数が多ければそれだけ検索時のヒットに繋がり、同じキーワードを複数盛り込む、異なるキーワードを上手くコンテンツ内に盛り込むという工夫をするだけで格段に検索時のヒット率がアップすることになります。常に上位に表示され続ければ自社HPやサービスの利用も安定しますので、それも考えてSEO対策を行い続けることも必要となります。

SEO対策は自分だけでなくほかのサイトの管理者も必ず行っていますので、気を抜けばすぐに他の企業のサイトに検索上位を奪われるということも考えられるので、SEO対策は継続的に行うのがポイントとなります。時代の流れや流行、利用者の欲しているものを察知してそれをキーワードとして盛り込むことも必要となるでしょう。

SEO対策を行う手段や方法とは?

SEO対策を行う場合一つずつ手作業でキーワード対策を行うのは非常に困難であるとともに、どのような対策をすれば検索結果上位にランクインできるのかもわからないまま対策を講じてもそれは時間と労力の無駄になります。

そのためSEO対策を行う場合対策ツールを上手く利用して効率的にSEO対策をするのが良いでしょう。SEO対策ツールには順位チェックや対策キーワード、自社のサイトの内容をチェックできる健康診断系と呼ばれるツールなどがあり、それらを上手く組み合わせて利用することでSEO対策を万全にすることが出来ます。

まず健康診断系のツールに関しては、それを利用することで自社のサイトがどのような状態であるかを確認することが出来ます。SEO対策を行う場合特にGoogle対策をメインで行うことになるため、GoogleSearchConsoleを利用して自社サイトの状態を把握するというのは基本中の基本となります。これを行わないと自社のサイトの状態がわかりませんので、まずはサイトの健康診断を行い悪い場所を取り除く作業から始めると良いでしょう。

次にどのようなキーワードが多く検索されているのかを知るために検索キーワード系と呼ばれるツールを利用して現在のキーワードのトレンドを知ることも重要となります。

その場合にはGoogleAdoworsキーワードプランナーやキーワードツールと呼ばれるツールを利用することでキーワードを知ることが出来ます。それを利用して自社のサイトにキーワードを埋め込むことも出来ますし、定期的に利用してキーワードを知ることで、世間のトレンドが何なのかを理解することが出来SEO対策もさらに強固なものとなります。

順位チェック系と呼ばれるツールは、使用することで自社のサイトがどれくらいの順位にいるのかを知ることが出来、上位にランクインするためにはどういった対策をすれば良いのかを知ることが出来ます。

順位チェック系を上手く利用することで少しでも上位にランクインする手助けになります。ツールの利用が難しい場合や、自社でSEO対策を行うのが困難な場合には、外部に委託してSEO対策をしてもらうという方法もあります。とくに規模の大きな企業の場合は自社で対策を講じるのが難しい場合もあるので、その場合は専門の業者に依頼してSEO対策を行うことも可能です。ただしその場合自社で行うよりも費用負担という問題も生じてきますのでその点も考えて自社で行うか外部委託するのかを決めると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 知多半島飲食店ポータルサイト
  2. 動画制作
  3. 初期費用ゼロホームページ制作
  4. ホームページ制作
ページ上部へ戻る