ブログ

Adobe Premireproを使ってプロっぽい動画を作るには?

プロも使用することがある動画編集ソフトAdobe premireproですが、近頃は価格もお手頃になり、使用する方が増えてきました。出来た動画をレンダリングしてそのままyoutubeにアップロードすることが出来るので、とても便利ですよね!せっかくのプロ仕様のソフトなので、そのまま繋いでBGMを乗せるだけではもったいないかもしれません。簡単に出来てプロ風に見えるコツをご紹介します。

■Lumetriカラーで一気に雰囲気を変える

動画の印象が一番変わるのは”色味”ですよね。Adobe premireproには、当然カラーを細かく補正できるようなエフェクトも用意されていますが、一つずついじって調整していくのはなかなか面倒な作業になってしまいます。お勧めは、Lumetriカラーです。たくさんのカラーエフェクトが用意されているので、ワンタッチでがらりと動画の色味を変えることが出来ます。海外MV風や映画風にも出来てしまうので、あまり元々の動画が上手く撮れていなかったという時にもかなり助けられます。

■オシャレなディゾルブを心がける

カットとカットをつなぐ時に使用するディゾルブですが、通常ですとそのままビデオトランジションのエフェクトを使用すると思います。それでも良いのですが、映像が切り替わる時に、フィルムがバーンアウトする短い動画などを加えることで、おしゃれなディゾルブにかえることが出来ます。スピード感のある動画の場合は、さらに効果を発揮するので、このようなディゾルブ時に使用できそうな素材は持っておいて損はないと思います。3Dモーションなどのトランジションは、使い方を間違えると古臭い動画になってしまうので注意しましょう。

■動画素材を重ねて使用する

移動するレンズフレアやキラキラとしたエフェクト系動画などを重ねて使用すると、さらにプロっぽい動画にすることが出来ます。メインの動画の上のレイヤーに、エフェクト系動画を加えて、エフェクトコントロール上で不透明度の描画モードを切り替えることで効果的に使用できます。それらの動画素材自体は、有料で販売されているものもあれば、無料で配布されているものもあるので、”動画 素材”などで検索をかけてみると良いと思います。

Adobe premireproは優秀なソフトなので、色々な機能が備わっていますが、基本的にはこの3つを押さえておけば、プロっぽい動画を作ることが出来ると思います。ネットなどにアップする時は、著作権に気をつけるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 動画制作
  2. 知多半島飲食店ポータルサイト
  3. 初期費用ゼロホームページ制作
  4. ホームページ制作
ページ上部へ戻る