ブログ

集客とWebマーケティングについて

現在、Webサイトを取り巻く環境は大きく変化しています。経済環境の変化で経済再編がすすみ、商品やサービスのコモデティ化も進んでいます。そのため、今日のビジネス環境においては、他社との優位性をもつことはだんだんと難しくなってきているといわれているのです。

これまでよかったことがこれからもいいとは言えない状態になっています。そのため、販促という点でも、今までの商品やサービス、企業情報を発信するというだけでは、Webサイトの役割を十分に果たすことが難しくなっています。

動画販売サイトを構築したけれども、売り上げが上がらないという課題は、かなり深刻なものでとても重要なものなのです。

売り上げが上がらないという原因は、値段が高すぎたり、コンテンツ自体の魅力がないということなど、様々と考えることができます。その中で、懸念すべきは、集客のための対策が十分でなく、構築したWebサイトに人が到達していないという場合ともいえます。人が来ないならどんなに安くしたとしても、どんなによいコンテンツを作っていたとしても売り上げという効果が得られるはずがないのです。

また、Webに来る人がある程度いるならば、どうして売り上げが伸びないのかという理由を分析することもできるのです。

企業情報を発信するためのWebサイトなら、最近どの企業でもWebサイトを設けており、他の会社とそれほど大きな違いはないといえます。売り上げにつなげるという観点から、顧客の行動を分析して、顧客に適した情報を発信する必要があるのです。そして、それを売り上げにつなげていくことが必要になります。そのために必要なものがWebマーケティングです。そして、そのWebマーケティングによって集客を図るということになります。

・Webサイトに人を集めるための集客方法

Webマーケティングは、集客のための対策が十分でなく、構築したWebサイトに人が到達していないという場合に効果的な手法です。そのことから製品や価格などを顧客に最適化させるためのフィードバックを得るという点でも、まずはWebサイトで集客を図るということなのです。

そこで、Webサイトに人を集めるための集客方法をご紹介したいと思いますが、

集客方法をご紹介する前に、次のことをまず行っておくことでより集客効果が得られやすくなります。まず、どのような人に来てほしいかを明確にしておくということです。

集客を行う際、まず重要となるのはどういった方にWebサイトを訪問してほしいかということになります。そのため、その点をしっかり意識することが大切です。

どのような人なのかということについては、例えば、取り扱っている商品が自転車であれば、健康のため、趣味で自転車に乗りたいと思っている人や、ダイエット効果やフィットネス効果を得たいと思っている人など、体を動かすことに興味がある方などが思い浮かびます。その人たちが必要とする情報や、喜んでくれるコンテンツなどを伝えるということを具体的に意識することが大切です。

また、予算も確保しましょう。ある程度の予算を確保した上で、リスティング広告や広告活動を行いながら、ブログなどでの集客方法を同時に進めていきましょう。

もちろん無料でできればそれに越したことはありません。しかし、集客はある程度の予算を見込んでおいた方がよりスピーディに物事が運んでいくという点があるのです。即効性が必要ないという場合ならば、ブログを少しずつ書きためながら、長期的視点で取り組めます。しかし、収益を考えていくという意味では、長期的視点で見ることは限界がある場合も多いのではないでしょうか。

そのため、これらの2つのポイントをふまえてWebマーケティングを考えていくという方法がおすすめです。

・Webサイト集客方法について

Webサイト集客方法は既存客へのセールス活動ともいえ、もし御社が、メインビジネスを延長するという形で動画販売を行うという顧客をかかえている場合に、Webサイト集客はかなり有効な方法といえます。

たとえば、フィットネスクラブ運営事業を行っている顧客に提案を行う場合、自宅型のフィットネスプログラムの動画サイトを立ち上げ、動画販売をすることを提案できます。そのようなケースでは、運営がなされているフィットネスクラブの会員をターゲットとし、Web動画でフットネスプログラムのレッスンが受けられますという点をセールスポイントとすることができます。そうなると、Webサイト集客は有効な方法になるということなのです。

そして同時に、チラシを配ったりメールを配信することで、既存客に動画サイトについて案内を行います。このようにWebでの集客を図ることで、既存客のニーズを掘り起こすことができるようになるという効果が見込めます。そして、広告効果も利用して、既存客に案内を行うことで、既存客からの売り上げを増やすという結果になり、売り上げの向上が図れます。

また、Webで新規客を獲得するPR活動も同時に行うことも大切です。その理由として、既存客へのセールスを開始した直後は新鮮さもありよい効果が見込める場合も多くあります。しかし、既存客以上の集客は難しいという点がありますので、時間が経過していくと集客効果がだんだんと落ち着くということが多いといわれ、Web独自の新規客活動も同時に行うという提案を行うことで、より結果にコミットできる集客が図れるといえます。

・純広告

純広告は、Webサイトなどの広告枠を利用して、自サイトへ誘導するバナーなどを張ってもらったり、記事を書いてもらったりするというプロモーション活動です。このような純広告を活用することで集客を行うという提案を顧客に対して行うことができます。

純広告活動では、有名サイトの広告枠を絶対購入しなければならないということはありません。人気のあるブログ運営者と交渉したりして広告宣伝で掲載してもらうこともできるのです。このようなPR方法はほとんどの場合が有償となっていることが多く、例えば、フィットネス会社をクライアントとしてもつケースでは、フットネス界で人気のあるブログなどでその会社のフィットネス動画販売サイトへの誘導バナーを掲載してもらいます。

効果自体については読みづらいところがあるのですが、掲載予定サイト側に見込めそうな効果について教えてもらった上で行います。その判断については、広告掲載をお願いした場合、1か月のバナーのクリック数などから対費用効果を判断して、掲載についての判断を行うというように、クライアントのフットネス会社に提案することができます。

このように、商品の特徴から特定ジャンルに絞ることで、費用も掛かるという点はありますが、集客効果も高くなる場合が多いといわれています。

・まとめ

動画販売サイト構築にもかかわらず、売り上げ増加につながらないという課題はかなり深刻なもので、人が来ないということが原因ならどんなにリーズナブルな価格に設定したとしても、どんなにすばらしいコンテンツを作っていた場合でも、売り上げという効果が得られるはずはありません。

そのようなケースでは、Webマーケティングはとても有効な課題解決ツールのひとつであるといえます。

特定の事業エリアで営業を行っている会社をクライアントに持つ場合には、Webマーケティングの視点を含めた提案を行っていくことで、クライアントのニーズによりよく沿いながら、具体的な集客のための活動を行うことができるといえるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. 初期費用ゼロホームページ制作
  2. 動画制作
  3. 知多半島飲食店ポータルサイト
  4. ホームページ制作
ページ上部へ戻る