ブログ

はじめからプロに依頼する方が効率的!Webデザインとサイトの構築

目次

Webサイトを構築するに当たり、大きなポイントになるのが、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供するという考え方です。そして、価値あるコンテンツとはいったい何なのかということになると価値観が多様化し、様々な考え方が存在しています。

価値あるコンテンツを作るためにまず必要なことは、コンテンツを届けたい相手にとって価値があるというということになります。そして、サイトを訪れたユーザーを、最終的に商品やサービスの購入に導くというシステムを提供し、購買活動を推進させることができるサイトを作ることが重要なのです。そして、そのような行動をユーザーにリピートしてもらうということがSEOにおいて重要なのです。

そのようなSEOの考え方はコンテンツマーケティングにも共通しており、Webサイトの構築を成功させるためには、価値あるコンテンツを作ることが必要なのです。そこで、価値あるコンテンツというものがどのようにWebデザインに関連しているのかという点についてご紹介したいと思います。

・Webデザインにとってマーケティング的な視点はとても重要

Webデザイナーにとって、マーケティング的な視点はとても重要です。多くのWebサイトの構築は集客であり、最終的には売り上げの増加を目的としている以上、SEOの知識や視点はWebデザイナーにとって重要です。

今日のユーザーは、生活の様々な場面で知りたい情報や欲しいといった商品やサービスに関する情報をモバイル端末を使って検索します。そのため、Webサイト構築の提案などを行う場合には、このようなユーザーの検索意図を満たすことがサイト構築の成否を決める重要なポイントだと考えられています。

そのため、検索意図に大きく関わるキーワードを抽出して、適切なコンテンツを適切なユーザーに提供するため、あらゆる手段によるデータ収集やデータ分析が行われ、ユーザーを惹きつける方策がとられているのです。

このような戦略を専門に提供する企画会社も存在し、コンテンツマーケティングの視点からプロフェッショナルなサービスが提供されたりしているのです。

このようなプロセスを経て作成されたコンテンツは、広範囲なキーワード分析などを通して得られたものであり、適切にユーザーの検索意図にアプローチすることができる重要な情報と考えられています。

企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当するWebデザイナーは、このようなマーケティング的な視点から得られた情報をより効果的にユーザーに提供するためのWebサイトのデザインを行うのです。Webデザイナーは良質なWebサイトを作るために、より効果的にこれらのコンテンツを視覚的にユーザーに伝え、顧客のイメージするWebサイトを制作できるよう、全体の構成という点からもデザインを考えながら構築していきます。

・Webデザイナーの役割

Webデザイナーの役割は、制作するWebサイトのレイアウトを決め、その構成や全体のボリュームなどを、ユーザーと顧客にとってより魅力的になるようにしながらデザインを決めていきます。そして視覚性やWebサイト全体のバランスを見ながらWebサイトの構成とレイアウトを決定していきます。

その際、<title>のタグを正しく設定します。HTMLのタグには様々なタイプのタグがありますが、その中でもSEOの視点でとても重要とされるのが<title>のタグです。<title>のタグを正しく設定できない場合、例え他の全ての部分のSEO対策が万全でも失敗につながってしまいかねないといわれ、このタグの設定は重要です。

このタグを正しく設定するためには、SEOにおいて順位を上げたい対策キーワードを必ず含める必要があります。そして、目安として30字くらいで、ページのコンテンツをまとめます。ユーザーが読んだと気に読みたくなるような内容のものにするということが大切で、その際にコンテンツマーケティングの知識がものを言うともいえるのです。

そして、Webサイトのデザインを作るというのもWebデザイナーの重要な役割です。Webサイトのカラーバリエーションやデコレーションを決め、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィック系デザインソフトを使い、Webサイトの配色やロゴやアイコンのデザインや配置などを決めたりします。

さらに、クライアントにこれらの点に関する了承が得られたら、Webサイトのコーディングなども行います。コーディングはプログラミング言語を使ってソースコード を作成することで、XHTMLや HTMLのマークアップ言語を利用し、デザインを実際のWebページへ変えながら、サイトを構築する作業のことを指しています。

実際のコーディングでは、Webサイト構成用言語のHTMLやCSS、JavaScriptなどを用いて、ユーザーにとって使いやすいという点を確保した上で、見やすさと見た目の美しさのバランスも取ながら作業を進めていきます。

・<title>タグの正しい設定とは何なのか?

では、<title>タグの正しい設定とは何なのでしょうか?Webデザイナーは<title>タグを正しく設定できることが必要なのですが、<title>タグを正しく設定するということは、サイト全体のメッセージをユーザーにとって有意義な形で設定し、なおかつ、実際にそれが正しいものであるという評価も伴うものであるということなのです。

つまり、SEOにおいては検索順位という形で検索の上位に表示されるということなのです。そして、マーケティングの視点から見ると、その上で、顧客の売り上げにつながるサイトが構築できているということにもなるといえます。そのような<title>タグを正しく設定できることがWebデザイナーの役割なのです。

では、そのような<title>タグを正しく設定するためにはコンテンツマーケティングの視点が重要なのです。そして、そのようなコンテンツマーケティングの考え方に基づくコンテンツを適切に提供することも大切です。

・一定のテキスト量を保つなどのポイントを押さえる

WebデザイナーはSEOの視点から検索エンジンによってより判別されやすいようなデザインを行っていきます。そのためには一定のテキスト量を保つということは大切と考えられています。テキスト量が少ないと、情報量が少ないと判断されてしまい、評価が下がってしまうという場合もあるといわれています。

デザインの観点からは素晴らしいという人もいますが、キーワードでの順位上昇を目指すというSEO対策の観点から考えると、最初はある程度のテキストの分量をページ内に配置することが推奨されています。ユーザーにとって役立つ内容のテキストを配置するのは大前提で、一定のテキスト量を保つということが検索エンジンによる評価を上げるために重要と考えられるということなのです。Webサイトのデザインは、ユーザーと検索ロボットの両方を意識して作成していくということなのです。

・プロに依頼するメリット

これまで述べてきたようにWebサイトの構築にはコンテンツマーケティングの手法によって分析され、抽出されたキーワードが重要です。それらのキーワードが適切に用いられたコンテンツを用い、顧客の商品やサービスを実際の売り上げにつなげていくための適切なデザインを提供することがSEOという点からも重要なのです。それには<title>タグが正しく設定されたWebサイトの構築が前提とされるといえます。

これらのことを全て自社のスタッフで行うというのも一つですが、プロフェッショナルの仕事は実際の業務を行っている自社スタッフが忙しい時間の中で取り組んで仕上げたものとはまた異なる仕上がりになるのではないでしょうか。

一貫したSEO対策がシステムとして組み込まれ、機能的に構築されたWebサイトは、納得のいく仕上がりとなるはずです。そして、自社スタッフは業務に集中できる環境構築という意味でもWebサイト構築をプロに始めから依頼するメリットは大きいといえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している○○です。
自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。自己紹介が入ります。

自己紹介が入ります。
改行したいところにはカッコ・小文字のb小文字のr・カッコ閉じるを入れましょう。こんなの→

フォロー

LINE@始めました

友だち追加

おすすめ商品

  1. ホームページ制作
  2. 動画制作
  3. 知多半島飲食店ポータルサイト
  4. 初期費用ゼロホームページ制作
ページ上部へ戻る